仲介手数料無料の仕組みとは

賃貸住宅を借りることになると、敷金・礼金の支払い以外に支払う必要がでてくるのは仲介手数料と更新料です。
仲介手数料とは、賃貸契約をする際に仲介した不動産業者に対して支払うものです。


一般的には、大体家賃の1か月分に相当する金額を支払いますが、不動産業者のなかには仲介手数料無料のところも最近増えてきました。

今、最も注目を集める売却 仲介手数料に関するお悩み解決にはこちらです。

今は、一つの物件を色々な不動産会社が取り扱っていることが多いため、顧客はその物件を借りたいと思ったとき、初期費用ができるだけ少なくて済む不動産業者を選ぶことができます。



そのため仲介手数料無料というのは顧客にとっての大きなメリットになるので、顧客への大きなアピールにもなります。

また不動産業者は、借主からは仲介手数料を受け取らないものの、貸主からはしっかり仲介手数料を受け取っているので、仲介手数料無料と一般的には宣伝しているものの、裏ではきちんと利益を出す仕組みができています。次に更新料ですが、基本的には契約期間の2年に一度、家賃の1か月分相当が借主に請求されます。


これは物件ごと、またその物件の貸主ごとによって異なります。契約書には更新料がかかるのか、それとも更新料無料なのかの記載があるので、必ず事前に確認する必要があります。
また、更新料無料になっている物件も近頃増えてきています。

もちろん更新料がもらえればそのまま貸主の利益になりますが、更新料なしの設定にしても実際に更新にかかる手間は契約書の作成程度です。


築年数や設備が古い物件などを持っている貸主は、空室率が上がることを嫌がり、とにかく長期で住んでもらいたいために、更新料無料の設定をする場合が多くなっています。、更新料なしにする貸主も増えてきています。